今年もヒヤシンス

2017/03/08 水曜日

ヒヤシンスのときめき
今年もヒヤシンスの季節が巡ってきた。
6号まであったヒヤシンスには若干のメンバー入れ替えがあった。
花の後そのまま育たなかったものもあれば、今年も花の芽をつけているものもある。
昨年は正統派のブルーが中心だったから今年はピンクを買い増して、
今のところ10号まで番号が振られている。

色によって香りが少しずつ違う。
青は香りもすごく青臭いけれど、ピンクは見た目通り甘め。
青い香りも甘い香りもヒヤシンスの香りはやはり好きだ。
春の訪れを香りが実感させてくれた。

ちらりと横を見るとかなり適当に手入れしているボケの盆栽にも花の芽が。
父がバラの水やりのついでに毎日水をあげてくれているから、
なんだかんだ何もしていないのに逞しく育っている。
父に感謝しつつ、植物は凄いなあなんて、呑気にそんなことを思っている。

| 22:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

教授室

2017/02/16 木曜日

気が付くと二月も半ば過ぎ。
日記は毎日欠かさず書いているのに、ブログがどうにも。
寒くてパソコンの前にいることが少なかったと言い訳。

久々に母校に行った。後輩の卒業を祝うついでに。
まだそんなに時間が経っているわけでもないのに、
何もかもが遠く懐かしい過去になっているような気がした。

何のアポイントもなしだったものだから、
演習を担当してくださっていた恩師には会えなかった。
担当ではなかったけれどお世話になった教授に挨拶をする。
三年前、卒論が書ける気がしないと、部屋を訪ねた時のことを思い出した。
焦らなくてもまだ早過ぎるくらいの相談ですよ、と仰りながらも、
私の抱えていた疑問と不安にアドバイスを下さったのを思い出す。
全く先行きの見えなかった私のテーマ設定にはとても大切な時間だった。
結局演習の担当は違う教授になったけれど、本当にお世話になったと思う。

実のところ、この教授と話していると、酷く自分が空虚に思えることが多い。
あまりにも私はちっぽけで、何も考えていないのだということを痛感させられる。
人生は思っていたよりも長いらしいことが分かってきたんです。
久々にお会いした教授はそのように仰っていたけれど、
そんな風に私が考えれらるようになるのはかなり難しいに違いない。
多分私は焦ってしまうのだ、中身のない自分をどう充実させるか、まだ分かっていないから。
この感覚を私は知っていて、でも暫く忘れていたのだと気が付く。

社会に出て、少し自信もついてきたところへの衝撃。
ドアをノックして良かった。

| 00:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

二冊目の三年日記

2016/12/30 金曜日

今年も残すところあと二日…ようやく来年の日記を買った。
前回と全く同じ日記帳、
ミドリの三年連用日記「扉」を購入。
三年前買った時は「一日一日を大切に」、なんて結構な気負いだったのだけど、
結局一年目はだらだらと書いたり書かなかったりして、
二年目も書かなかったり書かなかったり、たまに書いたり、なんて具合で。
今年の初めに見た時にはかなり白の面積が大きかったのだけれど、
結局今年に入ってからは一日も欠かさずに書き続けてきている。

日記帳もどきのようなものは持っていたけれど、
初めてちゃんとした日記帳を買ってもらったのは小学校の高学年に入ったくらいの頃で、
祖母が選んでくれたのその日記帳はやっぱりミドリの日記帳で、
ついでに楽しい動物の中絵が沢山あって、今でも見返すと面白い。
正直文字も文章も内容もガタガタで悲惨だと、今振り返れば思うのだけれど、
そうやって思う事それ自体も時間が経てば面白いと思えるのだから不思議だ。

その時から日記は定期的に買ってきてはつけている。
今年新しい生活が始まって、毎日はぐんぐんと進んでいて、
もしかしたらやっぱり一日はどんどん短くなってしまうのかもしれないと、思った。

隣に五年日記も並んでいたのだけれど、
五年同じように書き続けるのにはまだ自信がない。
前回と全く同じ日記帳で、日々新しくなる気持ちを、考えを書き留めていきたい。


今年も当ブログにお越しくださりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

| 20:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

久々にカメラを買いました。

2016/12/06 火曜日

ニコンのD750をレンズキットで買いました。
そのお話、です。


カメラを修理ではなくて新調しよう、
そう決めた後に考えたのは次のカメラの機種。
何となく、他社に乗り換えるのもミラーレスにするのも気が進まなくて、
完全に囲い込まれちゃってるなあなんて思いながらカメラ屋さんへ。

実物を見て、パンフレットを取り敢えず端からごっそり頂いて…いたら、
店員さんから「カメラお探しなんですか?」の一言。
D60が壊れてしまって…ともごもご伝えるとお若い店員さんでD60はご存知なくて。
でもセンサーのサイズ的にフルサイズだと今までのレンズが活かせませんよ!
と、ひと言。そうか、そりゃそうだよねえ…なんて思いながら、取り敢えずその日は帰宅。

布団の中でぬくぬくとパンフレットをめくり、
改めて最新のカメラの性能が以前のものと段違いらしいことに驚く。
フォーカスポイント3点、ISO感度は1600でもノイズでザラザラなカメラを使ってきた私には、
多分どれを選んでも全然違うと思えるはずだとは思った。
しかし正直自分がぼんやり撮るだけの写真に要るのか、分からないとも思った。
なければないで、何とかなるわ、なんて思ってきたところもあって。

D60のキットレンズは実はもう何年も前に使えなくなってしまっていて、
それもあって最近は単焦点のDXレンズとたまの望遠レンズで写真を撮ってきた。
そのため、今回もキットで買うかなと、頭のどこかで思っていた。

そしてD610にしようと思った。
フルサイズの何が良いかなんて実際のところ使ったことがないのだから分からないけれど、
使ったことがなければその良し悪しを知ることすらできないのだと思って。
それに店頭で持った時にそこまで重くないか、と思えたことや、
フルサイズの中の「入門機」という位置づけと価格が、
身の丈に合わないものを買おうとしている私を惹きつけてきたことも理由の一つ。
単焦点のDXレンズも弟が欲しいと最近言っていたし…。

何となくこの前と違うカメラ屋さんへ。
でも店員さんはとても熱心で、熱心過ぎる人だった。
「私、予算はD610でもかなり大変で…」なんて私のもごもごにも、
でもD750が良いんですよ、絶対こっちが良いですよ、と力説。
あんまりD750を猛プッシュするものだから、げっそりしてしまって結局何も買えなかった。

ものにいくらお金を掛けるかは人それぞれだけれど、
それはお金を持っている持っていないということではなくて、
そのものにいくら分の価値を見出し、
実際いくらであれば出そうと思えるのかという価値観の問題なのだと思った。
D750は私の価値観では高過ぎると思えたし、機能も必要十分を遥かに超えてしまっている。

それなのに、買ってしまった。
毎月意味もなく必死に貯めている貯金を握りしめて。
熱心過ぎる店員さんには疲れてしまっていたので結局初めに行ったお店で。
今までの価値観では、買うことのできないカメラだった。
これまでの人生で一番高い買い物をした。
D60を買った時の感覚を思い出す。ここのブログに、
「私のこれまでの短い人生の中で一番大きなお買い物です。」なんて書いていた時のことを。

一に勢い、二に勢い。
当分使いこなせない自信がある。
きっと高過ぎ、の感覚もまだまだ抜けない。
でも、身の丈に合わないと感じるものを買おうとする人の気持ちを、
少しだけ知ることができた気がする。
自分に合うカメラではなくて、自分がそれに合わせなければならない、
非常に厄介で、でも頑張ろうと思わせるカメラなのかなと、思う。


暫くは使い方の練習です。
暗いところでもノイズが少なくてびっくりです。
ボタンはD60よりも慣れればずっと使いやすそうです。
まだ51点のフォーカスポイントは使い勝手が良いのか不明です。
取り敢えず、大きいです。
結局圧縮
……頑張ります。

| 23:00 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

D60と時間

2016/11/27 日曜日

「何らかの異常を検出しました」
ランドマークタワーの展望階でその表示に目を疑った。
D60が初めて、故障した。

頂き物のチケットで一人だったものだから、
その驚きと悲しみを誰に伝える事もできずに一人で慌てた。
まだ四枚しか撮っていないよ、と、
復旧にはシャッターを押すようにと書いてあるので押してみたけれど、
押してもD60はうんともすんとも言わず。

購入から8年半、私の粗雑な扱いにも関わらずここまで持ち堪えてきた。
ニコンのホームページで言うところの、
「生産終了後長期間経過した製品」なのだから、
私のD60は寿命を迎えたのかもしれない。

色々なものにカメラを向けてきた。
レンズの向こう側を変えてきたのは、
レンズのこちら側で変化してきた私であって。
それは中学生から大学を卒業するに至るまでの色々であって。
一応サポートに聞いてみようと思いつつも、
既にD60にはお疲れさまでした、そんな気持ちになってきている。

写真を撮ることをやめようとは思わないから
次にまた何か選ばなければならないという思いはあれど、
最近全然新製品の情報を入れていないものだから、
何を買えばいいのやら……
私に必要なのは初級機なのか中級機なのか、
その辺りから考え始めなければならない、まずは資料探し、しなければ。

続きを読む

| 08:00 | 日記 | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |