fc2ブログ

今年の月の色々

2021/09/25 土曜日

先日帰り道に空を見上げると、月がとても明るくて、
あら、今日は満月なのかしらと思った。
実際は検索するとその日ではなくて満月は翌日だったのだけれど、
大きな月と、それに照らされた鰯雲に秋の訪れを感じた。

中秋の名月というのは満月のことなのだと勝手に思っていたが、
実は全くそうではないらしい。
今年は8年ぶりに中秋の名月が満月で…などという話を聞いて、
ワクワクして翌日空を見上げると雲に隠れて月を見ることは適わなかった。

そうだ中秋節といえば中秋月餅って結局食べたことないなと、
数年前に中国人の知人から教えて貰った食べ物を思い出し、
中華街に行ってみたもののどこのものがおすすめから分からず、
結局全く関係なくエビワンタンを食べて帰ってきた。
次はもうちょっと下調べをしてから行ってみようかな。

そんな今年の月の色々。

| 20:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

盛夏

2021/08/01 日曜日

夏の朝の景色

夏は日傘を差すか帽子を被らなければ頭がクラクラしてしまって耐え難い。
荷物の種類の多さと、耐え難い暑さの両方を解決しようと、
今年は折り畳みタイプの日傘を買った。
日傘をパタパタと畳むのを億劫がる質なので、
簡単に畳めると店員さんに紹介されたurawazaなる傘のシリーズだ。
確かに少し畳みやすい…気もする。

七月は少し予定を詰め込み過ぎてしまって、
途中でぐったりと疲れてしまった。
八月はもう少しゆったりと過ごそうと思う。


マスクをしているとどうにも呼吸が苦しい時もありましょうが、
皆さまどうぞ熱中症にお気を付けください。

| 12:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

白玉サンデー

2021/05/09 日曜日

母は白玉がとても好きで、
観光地でパフェなど食べるときは大抵白玉パフェを注文している。

そんな訳で今年の母の日にはカーネーション…ではなく、
白玉とアイスと小豆でサンデー的なものを作ってみた。
白玉と小豆を合わせればそれだけで元から美味しいのだけれど、
なんだか最近とても暑くなり、単純にアイスも食べたくなったので、アイスの上に載せて。
(なお白玉は豆腐と混ぜると量も増えるし、失敗しにくい気がするのでおすすめ。)
白玉を捏ねただけなので結構適当な見た目なのだけれど、
小さめの苺も載せたらなんとなく可愛い見た目と程よい酸味も付加されて、よい感じ。

カーネーションは食べられないけど、白玉は食べられるしとても美味しい、
なんて食べることが大好きな母に好評だったので、よかった。

| 23:45 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

緩急の絶妙さ

2021/05/09 日曜日

多分ムラリン

今年開園から70周年を迎える野毛山動物園には、
ニューカレドニアの国鳥・絶滅危惧種のカグ―が二羽いる。

カグ―は飛べない鳥である。
飛べないからには地面をその二本足で歩くのだけれど、
これが結構速い。でも止まるときはピタリと止まる。
その緩急の絶妙さが楽しくてついつい立ち止まって長く見たくなる。

たてがみのような冠羽を威嚇や求愛のためにたまに逆立てるのだけれど、
そのタイミングに出くわしたことはまだ数えるほどしかない。

国内でこの鳥に会うことができるのは野毛山動物園だけである。
もし初めて行ってこの鳥の冠羽が逆立つ姿を見られたら結構ラッキーかなと思う。

| 00:33 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

オリジナルは難しい

2021/05/05 水曜日

編み物を始めたのは何歳の時だっただろう。
小学生の中学年くらいだろうか。
祖母はかぎ針編みよりも棒針編みの方が好きだったけれど、
本を買ってくれて、基本的なところを教えてくれて。
鎖編みを駆使して作ったコースターみたいのものを編んで、
その後買ってもらった本に書いてあったタワシなんかは、
今も定期的に編んでは使用している。

レース編みを始めたのはもう少し後で、
タティングレースを始めたのは更に後。
それでもタティングレースも編み始めてからそろそろ10年だ。
何気なく始めたものが案外長く続いていくタイプ…。。

そして、なぜかこのタイミングで何かオリジナルの物を作ってみなければと、
唐突にそんな思いに駆られて新しい挑戦を始めた。
傍から眺めれば何か作っているな、といういつも通りの行動なのだけれど、
実は方向性が全く違う。180度違うといっても良いくらい。

テキストの内容を確実になぞっていく作業は、
何も考えない時間をもつ、ある種の精神修養のような感じだったのだけれど、
少しでも何か新しいものをと考えるのは、試行錯誤の繰り返し。
それでも何度も作っている内にちょっと気にいるものが出来てきて、
よーし、と喜んで母に見せたところ…

魚の網焼きの網みたい、とひと言…←!
チャレンジあるのみ。

| 15:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |