スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

久々にカメラを買いました。

2016/12/06 火曜日

ニコンのD750をレンズキットで買いました。
そのお話、です。


カメラを修理ではなくて新調しよう、
そう決めた後に考えたのは次のカメラの機種。
何となく、他社に乗り換えるのもミラーレスにするのも気が進まなくて、
完全に囲い込まれちゃってるなあなんて思いながらカメラ屋さんへ。

実物を見て、パンフレットを取り敢えず端からごっそり頂いて…いたら、
店員さんから「カメラお探しなんですか?」の一言。
D60が壊れてしまって…ともごもご伝えるとお若い店員さんでD60はご存知なくて。
でもセンサーのサイズ的にフルサイズだと今までのレンズが活かせませんよ!
と、ひと言。そうか、そりゃそうだよねえ…なんて思いながら、取り敢えずその日は帰宅。

布団の中でぬくぬくとパンフレットをめくり、
改めて最新のカメラの性能が以前のものと段違いらしいことに驚く。
フォーカスポイント3点、ISO感度は1600でもノイズでザラザラなカメラを使ってきた私には、
多分どれを選んでも全然違うと思えるはずだとは思った。
しかし正直自分がぼんやり撮るだけの写真に要るのか、分からないとも思った。
なければないで、何とかなるわ、なんて思ってきたところもあって。

D60のキットレンズは実はもう何年も前に使えなくなってしまっていて、
それもあって最近は単焦点のDXレンズとたまの望遠レンズで写真を撮ってきた。
そのため、今回もキットで買うかなと、頭のどこかで思っていた。

そしてD610にしようと思った。
フルサイズの何が良いかなんて実際のところ使ったことがないのだから分からないけれど、
使ったことがなければその良し悪しを知ることすらできないのだと思って。
それに店頭で持った時にそこまで重くないか、と思えたことや、
フルサイズの中の「入門機」という位置づけと価格が、
身の丈に合わないものを買おうとしている私を惹きつけてきたことも理由の一つ。
単焦点のDXレンズも弟が欲しいと最近言っていたし…。

何となくこの前と違うカメラ屋さんへ。
でも店員さんはとても熱心で、熱心過ぎる人だった。
「私、予算はD610でもかなり大変で…」なんて私のもごもごにも、
でもD750が良いんですよ、絶対こっちが良いですよ、と力説。
あんまりD750を猛プッシュするものだから、げっそりしてしまって結局何も買えなかった。

ものにいくらお金を掛けるかは人それぞれだけれど、
それはお金を持っている持っていないということではなくて、
そのものにいくら分の価値を見出し、
実際いくらであれば出そうと思えるのかという価値観の問題なのだと思った。
D750は私の価値観では高過ぎると思えたし、機能も必要十分を遥かに超えてしまっている。

それなのに、買ってしまった。
毎月意味もなく必死に貯めている貯金を握りしめて。
熱心過ぎる店員さんには疲れてしまっていたので結局初めに行ったお店で。
今までの価値観では、買うことのできないカメラだった。
これまでの人生で一番高い買い物をした。
D60を買った時の感覚を思い出す。ここのブログに、
「私のこれまでの短い人生の中で一番大きなお買い物です。」なんて書いていた時のことを。

一に勢い、二に勢い。
当分使いこなせない自信がある。
きっと高過ぎ、の感覚もまだまだ抜けない。
でも、身の丈に合わないと感じるものを買おうとする人の気持ちを、
少しだけ知ることができた気がする。
自分に合うカメラではなくて、自分がそれに合わせなければならない、
非常に厄介で、でも頑張ろうと思わせるカメラなのかなと、思う。


暫くは使い方の練習です。
暗いところでもノイズが少なくてびっくりです。
ボタンはD60よりも慣れればずっと使いやすそうです。
まだ51点のフォーカスポイントは使い勝手が良いのか不明です。
取り敢えず、大きいです。
結局圧縮
……頑張ります。

| 23:00 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

lunnyさんへ

lunnyさんはとても頭が良くて物の考え方をよく知っていると感じました。
自分もlunnyさんがDXを捨てられるのであればD610を進めたと思います。
そしてlunnyさんがD750を選んだということもベストの選択だったと思っています。
その上のD810は画素数が大きくて普通に使うのは大変です。
そう考えるとD750の上の機種はもうありません。
普通に使う一番上位の機種です。
良い道具を使うということは意味のあることだと思いますよ。

ファインダーが大きくD60より格段に大きくよく見えると思います。
そしてファインダーに見える景色がそのまま全部写ります。
D60だと見えなかったところも写りますがD750では見えていないところが
写ることはありません。

今のカメラのたくさんの機能についてlunnyさんに教えてあげることができません。
そういうものを使ったことがないのです。
カメラについている説明書も読んだことがありません。
自分にとっては絞り、シャッター速度、ホワイトバランス、ISOが変えられれば
それでいいのです。
フォーカスポイントも1点でいいのです。
自分のことはどうでもいいですね。

今感じることは写真を撮ってその画質を論じる人が多いことです。
その画質を求めてカメラを買う人が多いことです。
カメラはあくまで写真を撮る道具です。


この写真いいですね!この風景、気付きませんでした。
いい写真をたくさん撮ってください。
感じたものを感じたままに!

コロ | URL | 2016/12/07 (水) 22:09 [編集]

コロさんへ

コメントありがとうございます。
また、お褒めのお言葉頂き大変恐縮しています。
こちらにお返事まとめて書かせてください。

結局レンズはキットレンズ一本と望遠だけになってしまいました。
ここからまた少しずつ増やしていくかもしれませんが、見通しは立っていません。
でもフルサイズは風景を広く写せるので、暫くは追加はなしになりそうです。

ファインダー、良く見えます。
D60の視野率が低いという事は認識していましたが、改めてその違いを感じました。
ある意味これからはファインダーに写るすべての部分に責任があるのだとも思いました。笑
それに、良い道具を持つときっと、そうでないものを持った時に物足りなく感じるのかも、とも。

絞り、シャッター速度、ホワイトバランス、ISO。
D60を使っていて良かったことは、基本の機能だけだったからこそ基本を感覚的に身に付けられたと思うことです。
最近は単焦点ばかりでしたから、ズームレンズすら便利機能に思えてしまいます。
D750はモニターが動くようですが、ファインダーを覗けない状況でも持ち上げて、大体この辺りで撮れるだろうかと考えながら撮るのも私は結構好きです。
(これでは先ほどの話とかなり矛盾がありますね。笑)

難しいことを考えながら写真を撮るのは多分向いていないので、
良いなと思った風景を自由に撮って、思ったように撮れていることを目指します。
D60ではようやく"カメラに撮ってもらっている"感が無くなってきたところでしたが、
D750でそう感じられるようなるには相当時間が掛かりそうです。


もしかしたらコロさんとどこかで擦れ違っているかもしれませんね。
横浜を歩きながら、たまにそんな事を思います。

lunny | URL | 2016/12/10 (土) 00:32 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。