知らなかった世界

2017/07/20 木曜日

結構休日友人と美術館に行くことが多いです、
なんていうと、とても文化的な響きもあるけれど、
私の場合は単に連れて行ってくれる友人がいるという幸運があるだけである。

芸術鑑賞への素養など持ち合わせていない私を、
あちこちの美術館に連れて行ってくれたお陰様で、
以前に比べたら私は少しは作品を見ることにも慣れてきた気がする。

本屋さんで美術系の本をペラペラとページをめくったときに、
この絵見たことあるなあ…あれ、本物だっけ、世界史の資料集だっけ、
とはてなと思うくらいには有名どころの絵も見せてもらってきた。
以前は何がどう凄いのか分からなかった茶碗にも、
どことなく味わいが感じられる程度にはなってきた気がする。
もっと勉強する人はもっと芸術に関する造詣も深くなるのだろうけれど、
まあそこまで学びを進めるだけの器量はもとからない。

だから難しいことは考えられない。
けれど、結構絵画や彫刻を見ることは楽しく感じられるようになった。
自分の知らない世界を知ること。
それは、自分だけで過ごしていては困難なこと。
私の狭かった関心の範囲を、広げてもらったことを、友人にはとても感謝している。

そんな友人が私にメガネケースをくれた。
デザインに取り組んでいる彼女の絵は可愛く格好良く面白い。
ほほ、良いでしょう、と見せびらかしたい気持ちになったので、
このような場所で写真を添付。
さくらんぼ
何と裏地には友人の染めた布が使われているというこだわりの一品。
私個人としては今はペンケースとしての利用を考えている。

また来月も見に行く予定もあり、
何だろう、卒業してからもこんなに会うなんて、
あの頃は流石に想像していなかったかなあなどと思う。

| 09:00 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ